2015年8月27日木曜日

オナ禁32日目(再び大事件...)

ヒロです、

今日はなんと野球をキャリーと友達を
連れて見に行きました。

神宮球場まで!!

かなりアツい試合で楽しかったです!!!



が、、

再び今日、人生を考えさせられる事件が起こりました。

それはまたしてもキャリーでした。
(ここからはオナ禁と関係ないかもしれないけれど
ご了承ください...)

それは、帰りの電車のこと。。。

先に待っていた電車に僕とキャリーは入っていた
けれど、後から入ってきたお客さんは、
空いている席に奥から奥からどんどん詰めて
座っていきます。

それを見たキャリーが急に、目の前にいた
おばさんの腕を掴んで、

「おい!こっちこい!!」

と急にどなり始めたのです。。

突然のことで、僕もびっくりしたけどさすがに
とても周りの人に迷惑すぎるので
間に入ってそれを止めました。

どうやら、キャリーは自分が「差別」されている
と思ったらしく(日本では奥から入るのがマナーだけど)
それで興奮して怒ってしまったのです。

キャリーがコミュニケーション能力に優れているのは
きっと小さい頃にも肌の色で差別を受けて
たぶんそれが深いトラウマとして残っているんだと
思います。

だから、それを刺激されたと勘違いしてしまって
日本のマナーも知らないから怒ってしまったのです。

でも、ここで一つ気づいたことがあります。

それは、相手に「共感」してあげる。

ということがなんという価値の高いことか。
それを思い知りました。

国が変わって、地域も変われば、
僕たちの知らないことが多いけれど、
相手の過去を理解して、相手の今の状況を
理解して、相手の両親まで理解してあげる。

それで、その過去の積み重ねで「自分」という
ものが出来上がっているから、それを否定して
自分の意見を言うのは本当に失礼なことだと
感じました。

あくまでも、これは僕の意見ですが
女性と接するときも、女性の過去をちゃんと
見てあげてエスコートしてあげたいと
真に思いました。

ヒロ


*****************
今日の気づき(オナ禁マインドセット)
*****************

『同情するスキルというのは何よりも価値が高いスキルである。』

【意味】自分を生きていると、当然、自分のことしか考えられないのが普通だけれど、相手とコミュニケーションを取るときにどれだけ相手のことを考えてあげられるか?それがそのまま自分の価値だということ。相手のことを考えることをしていれば思考が止まることはまずあり得ない。




0 件のコメント:

コメントを投稿